特に凶暴なスズメバチ|猛毒を持つハチを退治したいならプロに依頼!

猛毒を持つハチを退治したいならプロに依頼!

特に凶暴なスズメバチ

蜂

発生した場合は

スズメバチには複数の種類があるのですが、その中で特に凶暴なのは、キイロスズメバチとされています。キイロスズメバチは、スズメバチの中では比較的体が小さい方で、働きバチの場合は体長が約2センチとなっています。しかし好戦的で、なおかつ動物の肉を噛み千切ることができるほど顎の力が強いので、攻撃された場合には大きな被害が出ることがあります。そのためキイロスズメバチが発生した場合は、多くの人が迅速に駆除をおこなっています。数が多い場合には、個人での駆除は危険なので、害虫駆除業者への依頼も検討する必要があります。特に被害が発生しやすい地域では、自治体による駆除の手助けがおこなわれています。具体的には、害虫駆除業者の紹介や駆除費用の補助などです。

巣の大きさ

キイロスズメバチは、凶暴なだけでなく、繁殖力が高く、増えやすいことでも知られています。しかも増えることで巣が手狭になると、周辺の広い場所に新しい巣を作るという習性もあります。これを繰り返すことで、1万匹ほどのキイロスズメバチが入ることのできる、1メートルほどの大きさの巣となることもあるのです。ただしこの巣は、基本的には使い捨てとなっています。キイロスズメバチは、冬になると女王バチ以外は力尽きますし、女王バチは越冬した後で新しい巣を作り始めます。したがって、キイロスズメバチがいなくなった後の巣は、どれほど大きくても、基本的には放置しておくことができると言えます。逆に、暖かい時期にキイロスズメバチが出入りしている巣の場合は、たとえ小さくても、しっかりと駆除する必要があるのです。